敏感肌の人は、クレンジングの選び方にも慎重になって下さい。毎日使うものだけに、肌に良くないものを使い続けていると、大きな負担になってしまいます。成分の強いクレンジングは、より敏感すぎる肌を悪化させてしますので、注意が必要です。クレンジングに含まれる界面活性剤は油性の化粧品を落とすためにはある程度必要なものですが、汚れだけでなく肌の保護に必要である皮脂まで落としてしまいます。心配な場合は、界面活性剤を配合していないクレンジング剤もありますし、石油ではない、自然由来の界面活性剤だけを使用している製品もあります。また、できるだけ肌の上に界面活性剤を乗せておく時間を少なくするためには、クレンジングに時間をかけ過ぎないことも重要なのです。その為にも、拭きとるタイプのものより、洗い流すタイプのものの方がおすすめです。拭きとるときに、どうしてもティッシュやコットンで肌を刺激することにもなりますので、肌への負担をかんがえても、洗い流す方が良いと思います。また、お気軽に使えるシートタイプのクレンジングは、肌をこすることでの刺激も心配ですし、使われている成分も敏感肌の人には強すぎます。さらに、落としきれない汚れがダメージを与えることもありますので、敬遠するのが正解と言われているのです。界面活性剤の含有量や洗い流しやすさを考えると、水性のクレンジングジェルやミルクタイプ、クリームタイプのものが敏感肌の人には向いているかもしれませんねー